【悲報】NHK映らなくっても金払えってよ

以前にも書いた〇HKの件ですが、結局そのまま判決が確定したようです。

NHKの逆転勝訴確定 映らぬテレビに契約義務―最高裁:時事ドットコム
NHK放送を視聴できないよう加工したテレビを自宅に設置した東京都の女性が、受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(堺徹裁判長)は2日付で、女性側の上告を退ける決定をした。女性勝訴とした一審判決を取り消し、NHK側の逆転勝訴とした二審判決が確定した。

(前記事はこちら

しかしこれ、もう法律も何もあったもんじゃないですね。

だって「〇〇すれば受信可能だ」なんてIF条件つけて判断していいのなら、「モニターでもチューナー買ってきたら映るよね」「今アンテナなくても工事すれば映るよね」「今持ってなくてもドンキいけば最安なら数千円で買えるよね」「何ならハード〇フのジャンク品(以下略)」とか、なんでもありになってしまいます。

家に来るのはNHKの職員ではなく、その辺の怪しげな下請け屋です。粘られたら迷わず不法侵入で通報しましょう。

そもそも合意も何もないのに「テレビを持っている」というだけで特定メディアとの契約を強制するNHKの受信料制度そのものが個人の思想良心の自由を侵害する、極めて違憲性の強い仕組みであることにはほおかむりして、改造したチューナーがどうのこうのといった些末な話に問題を矮小化している大手メディアの姿勢にも疑問を感じます。

メディアも裁判所も、結局NHKの巨大な利権の中にあるズブズブのお友達どうしなんでしょうね。現にこのニュースも大手メディアではネットですらほとんど報じていませんし。

NHKは二言目には公共放送、公共放送とのたまいますが、公共放送というなら本当に公共放送に必要な部分(報道・教育・災害)だけを切り離し、全職員を公務員化して税金で運営するのが本来の姿であるはずです。

でもそれは嫌なんですよね、お給料下がるし。自由に使えるお金じゃなくなるし。監査も入るし。

そんなご都合主義で時代錯誤な利権制度を、なんで「みなさまの受信料」でささえなきゃならないのでしょうか。

私はテレビはもう買いません。てゆうかそもそもいらないし。

コメント